自動運転の国際基準の内容とは?日本ではどこまで進んでいるのか

自分で運転しなくても良い時代がくる?自動運転の未来

自動運転技術について知ろう

まだ自動運転レベルの1と2は、運転手を支援するという段階のことを指します。 コンピューターが走行をサポートするので、これまでよりも運転しやすくなるでしょう。 今販売されている日本の車にも、サポートシステムが搭載されています。 支援システムは運転が苦手な人に安全のためのサポートをします。

運転を支援してくれるサポートシステム

自動運転レベル1は、運転支援ができる車というのが定義になっています。
簡単に説明すると、アクセルとブレーキをコンピューターが制御したり、ハンドルを自動で操作したりして、まっすぐ車を走らせるという技術です。
自動運転レベルが2になると、部分運転自動化が定義になります。
レベル1だと、ブレーキとアクセルの操作やハンドルの操作は同時に行えませんでしたが、レベル2では可能となっています。
決められた道路であれば、自動運転で走ることができます。

自動運転レベルが3になると、決められた道路や条件を満たしていれば、全ての操作をコンピューターに任せられます。
つまり運転手は乗っているだけで良くなり、自動運転をしている時に事故が起こっても、運転手の過失は問われないというのが今の日本の法律の現状です。
ちなみに日本の自動運転レベルは、3の段階まで到達しました。
レベル4になると、無人運行を前提としているため、基本的に運転操作が必要なくなります。
まだレベル4までは決められた道路しか走行できませんが、レベル5を満たすとどのような道路でも走行できるようになります。

ほとんどの車が自動運転レベル5を満たすようになれば、運転が苦手な人でも安心してドライブができるようになります。
また壁や人、前を走る車にぶつかりそうになった時は自動で車が停止し、事故を起こすリスクも減らせます。
みんなが安全に暮らせる社会にするために、自動運転は欠かせない存在になってきていると言えますね。

日本はレベル3に到達している

全部で、自動運転レベルは5まであります。 その中で日本は、レベル3を満たすところまできています。 まだ先は長いですが、自動運転レベル5を満たせると、決められた道路以外でも自動運転で走行できるようになることから、それに向けて各国が研究を進めている最中です。

快適なドライブが可能になる

なぜ世界中で、自動運転レベルの向上が急がれているのでしょうか。 それは、より安全な世界を作るためです。 現在は車による事故が多発していますが、自動運転が一般的になれば、リスクを削減できます。 車の運転が苦手な人でも、いつでも楽しくドライブができるでしょう。