日本はレベル3に到達している

日本にも存在している

道路の状態や天気、周辺の環境などの条件を限定した場所であれば、運転に関する全ての操作をコンピューターに任せられるのが自動運転レベル3の定義です。
レベル3を超えると、運転の主体はコンピューターに変わります。
コンピューターが正常に作動しない時は、人間が代わりに運転を担当しなければならず、まだ運転席に人間が座る必要があります。
そのため運転席に座る人は、一般的な車と同じように飲酒ができません。

従来の法律では、自動運転レベル3以上の車が道路を走行することは許可されていませんでした。
その法律も2020年の4月に改正され、現在は走行が可能となっています。
また日本の自動運転の技術は、レベル3まで到達しているのが現状です。

目標は自動運転レベル5

自動運転レベルが4に達すると、人間が運転しないことを前提にしています。
そもそも人間が車に乗る必要がなく、無人でも走行できるような状態がレベル4です。
このような車が一般的になれば、荷物を運搬するトラックや人間が移動する時に活用するタクシーやバスの運転手不足を解消できるようになります。

またレベル3では、万が一の事態は人間が代わりに運転しなければいけませんでしたが、レベル4になると、万が一のような事態でもコンピューターが自動で対処するシステムが搭載されます。
そしてレベル5になると、全ての道路を自動運転で走行できます。
より自由に、誰でも好きなところに行ける世界になるでしょう。
日本を含め世界では、この段階を目標に研究を続けています。


この記事をシェアする