快適なドライブが可能になる

運転が苦手な人向け

これまでは運転に苦手意識を持っており、積極的に運転していなかった人が見られます。
自動運転が一般化されると自動で車を運転するだけでなく、駐車も済ませてくれます。
自分は乗っているだけで何もしなくて良いので、ドライブ中に外の景色を眺められるでしょう。
友人たちと一緒にドライブしている時は、会話に集中できます。

これまで以上に安全が確保され、生活が豊かになることが予想されるので、自動運転の技術はやはり必要です。
現在はまだ完全な自動運転はできませんが、運転をサポートしてくれる機能は、実際に販売されている車にいくつか搭載されています。
例えば壁や前の車にぶつかりそうになった時に、自動でブレーキを踏み、車を停止させる機能がそれに該当します。

事故を防ぐためにある

緊急時に自動で車が停止したり、車線をはみ出さないようハンドル操作を担当してくれたりすると、事故を防げるメリットがあります。
自分が運転している車が他の車や、人にぶつかったら大変です。
最悪の場合はそれで命を落とすこともあるので、事故を未然に防ぐことが大切です。
運転が苦手な人や慣れていない人でも、自動運転が可能になればより安全性が高まります。

ちなみに日本はまだ自動運転レベル3の段階ですが、世界に目を向けるとレベル4を満たしている国も多く存在しています。
自動運転レベル5を満たせる車が登場するのは、遠い未来の話ではないのです。
数年後には、完全にコンピューターに運転を任せられる車が登場するかもしれませんね。


この記事をシェアする